ビジネスホンやコピー機のリースや中古という資金難に効く選択肢

電話をする女性

印刷用の機器を導入

コピー機のリースで経費削減

オフィスで使われてるコピー機は、結構な経費がかかります。用紙代やトナーなどの消耗品を購入する費用はもちろんですが、故障した際の修理費なども経費を圧迫する一因です。 この経費を削減するには、コピー機のリース契約と言うのがとても有効です。コピー機のリース契約は、多くの場合用紙やインク、トナーなどがリース料金に含まれています。 そのため、使い放題でも同じ金額なのでたくさん使うというオフィスではとてもお得になります。また、リース契約の内容によって、コピー機が故障した際の修理費用も含まれているということがあります。 このような契約にしておくと、突然のコピー機の故障にも慌てることがありません。リースでは、しっかりとしたメンテナンスも行ってくれますので、安心して利用できるのも魅力です。

サポート体制も充実しています

現在ではたくさんのオフィスでコピー機のリース契約を結んでいます。様々なニーズに答えるためにリース契約も様々なものが登場しています。 オフィスによって使いたいコピー機も違いますし、利用する頻度も違ってきます。そのため、一番無駄のないプランを選ぶことが大事です。 コピー機だけでよいのかや、複合機が必要な職場なのかなどしっかりと確認してからリースすることが大事です。 また、サポート体制はどうなっているのかなどを事前にきちんと確認することが必要です。最近では、トナーが少なくなっているなどの情報を自動探知してサポートに駆けつけるというサービスを行っている業者もあります。 どんどん便利になっているので、多くのオフィスでコピー機のリースが行われて行くことでしょう。