ビジネスホンやコピー機のリースや中古という資金難に効く選択肢

電話をする女性

考え方の転換

デメリットはメリットになる

皆様は互換インクにどんなイメージをお持ちでしょうか、純正より安い、写真など高画質なものでなければ発色も気にならないというメリットに自宅で普段使いされる方も多いかと思います。 一方で純正でないため、互換インク使用によりプリンターに不具合が起きた場合メーカー修理が受けられない、又は受けられても修理が有償になる事などのデメリットもあります。 インクづまりは良く起きますので、メーカー保証がある間は保険として純正を使われる方も多いです。 皆様の中にもインクづまりが解消せず、メーカー保証期間も過ぎ、有償修理をするよりは新しいプリンターを購入した方が安く、買い直すなんて事もあるのではないでしょうか。 それほど良く起きる事なので、つい互換インクを敬遠してしまいますがそのデメリットはメリットになります。

メーカー保証が切れた後のインクづまりに

純正のインクを使って、ヘッドクリーニングを繰り返しても一向にインクづまりが治らない。そんな状況もよく起きます。 ヘッド部分を掃除してみたり、ヘッドの洗浄液を購入して使ってみたり、そして作業するたび確認の為ノズルのチェックをしたり、ヘッドクリーニングを繰り返します。その時のインクの減りは驚くほどで数千円もするインクセットが1時間もしないうちに消費してしまう事もあります。 大半の場合、先の見えない詰まりとインク代の消費で修理か購入してしまった方が早いと判断する事になります。 しかしリーズナブルな互換インクだと、度重なるクリーニングのインク消費も純正ほど気になりません。セットでまとめて購入しておけばインクとして、詰まりのクリーニング用として使えるのです。 修理に出す前に、出来る限りのクリーニングをしてみたいという方にはおすすめです。